相続財産の適正な評価を行います

Tel:0774-28-3911 総合受付:10:00~18:00 休業日:土日祝

相続発生後のサポート 「相続財産評価」 担当プロ:不動産鑑定士・宅建士・FP

預金・保険・等の確認、有価証券の評価、不動産資産の適正な評価額計算を行います。
評価方法によって評価額が変わる(=税金の額が変わる)可能性があります。
(税金に関する具体的なご相談に関しては提携税理士事務所をご紹介いたします)

1.財産リストの作成・・・まず、全て書き出してみて下さい。
  不動産や預金・証券・保険など主要な財産以外に、負の財産(借金や保証人など)も要チェック
      
2.有価証券や自社株の評価
財産評価
3.不動産資産の評価
      変形地や広大地の認定を受ければ、相続税評価額を下げる事が出来る可能性があります。
      被相続人が所有していた別荘地や田畑など、思わぬ不動産が出てくるケースもあります。
4.財産目録の作成

財産目録が完成したら、次の手続きに移ります。
それぞれの状況に応じて進んで下さい。
遺言書がある場合  遺言書が無い場合  負の財産が多い場合
     下矢印              下矢印             下矢印
遺言書に基づく 遺産分割手続き  遺産分割協議  相続放棄 限定承認