相続に関する調停・審判のお手伝い

Tel:0774-28-3911 総合受付:10:00~18:00 休業日:土日祝

相続発生後のサポート 「調停・審判」 担当プロ:弁護士

どれだけ頑張っても相続人全員の同意が得られなかった場合は、裁判所に調停を申し立てることになります。 さらに調停も不成立となった場合には裁判所の審判を受ける事になります。

遺産分割において裁判まで発展してしまうと、
  ①費用がかかる
  ②時間が掛かる
  ③親族間の関係性が悪化する。
という事になってしまいます。
  ①②も無駄な労力となりますが、将来にわたって後悔されるのは、結局③です。

きょうと宇治相続相談センターには専属の弁護士がおりますが、
「私の出番が無い事が一番良い事やと思います。」
といつも言っています。
それでも、どうしても意見がまとまらない場合は親身に対応致します。

調停又は審判に基づく 遺産分割手続きへ進む